本文へ移動

ミサと祈りの集い

   ミサとは、カトリック教会で行ういちばん大事な祈りです。ミサは感謝の祭儀とも言われ、イエス・キリストの死と復活を記念し、その復活の恵みにあずからせていただく、よろこびに満ちた感謝の祭儀です。ミサはまた「主の晩餐」「聖餐式」とも呼ばれます。それはミサが、最後の晩餐に起源を持ち、キリスト者は使徒の時代から、主の日である日曜日に集まり、主の復活を祝う感謝の祭儀を挙行することを大切にしてきました。日曜日の他にも、平日、また、結婚式、葬儀などの大事なときにもミサを行います。ミサには信者でない方も参加できますので、ご遠慮なくお出で下さい。ミサの途中、洗礼を受けた信者は行列を作って「ご聖体」である白いパンをいただきます。信者でない方は、お望みならば、列に並んで前に進み、頭を下げ、手を合わせたまま司祭の祝福をいただくことができます。 「カトリック教会の教え」(カトリック中央協議会)「はじめて教会へいらしたあなたに」(ドン・ボスコ社)より
 
曜日
名称
番名
開始時間
備考
日曜日
主日のミサ
一番ミサ
二番ミサ
6:30
9:00
-
水曜日
召命のミサ
-
19:00
-
金曜日
初金のミサ
-
19:00
第一金曜日のみ
土曜日
翌主日のミサ
-
19:00
-
クリスマス、聖週間、復活祭の時は別時間になります。お問い合わせください。
 
曜日
名称
開始時間
備考
火曜日
ロザリオの祈り
10:00
-
木曜日
聖体礼拝
9:00
夕方17:00まで
(ゆるしの秘蹟の機会があります)
金曜日
召命のロザリオ
20:00
-
レジオ・マリエについては、そのページをご覧下さい
カトリック谷山教会
〒891-0113
鹿児島県鹿児島市東谷山
2丁目33-13
TEL.099-268-2084

 
TOPへ戻る